ビタミン百華

下町ロケット2杉良太郎心臓手術で人工弁?心臓の大動脈弁狭窄症原因は?

俳優として藤間社長を演じ切り12月15日人工弁置換成功に無事成功「下町ロケット2ガウディ計画編」最終回は成功か?

俳優や歌手として活躍している杉良太郎さんががなんと大動脈弁狭窄症のために12月15日に東京都内の病院で大動脈弁の置換え手術を受けていた事がわかりました
スポンサードリンク

なんと現在放映中のTBS系の「下町ロケット」に出演中で人工弁開発がテーマなのです
3時間にも及ぶ手術だったそうですが無事に手術は成功しました


毎週ドラマ「下町ロケット2ガウディ計画編」を見ていると丁度2週間前にも人工弁の手術を貴船教授がしていて手術は成功したのですがその後患者さんが亡くなってしまったという痛ましいドラマが展開されていたので杉良太郎さんはまるでドラマを地で行く感じですね


ドラマを見ていたので少しならずも人工弁の知識がついていましたがここでもう一度どんな病気なのかおさらいです

大動脈弁狭窄症とは
心臓から全身へ血液を送るポンプの役目をする心臓には大きく分けて4つの部屋があります
左心房・左心室・右心房・右心室
血液の逆流を防ぐ為にはそれぞれの部屋の出口に弁というものがあります


その中で左心室と大動脈の間にある弁が大動脈弁と言います
変性や先天性二尖弁や動脈硬化などの色々な原因があり弁が固くなって行きます
そうすると弁が固くなり動きが悪くなってしまし、血液の出口が狭くなってしまうのです


この病態を【大動脈弁狭窄症】と呼びます

血液の出口が狭くなっていると血液を送り出す時に心臓に過大な負荷が掛かってしまいます
初期の段階ですと心筋が肥大していくという代償機転が働いています


これは長期に亘って心雑音が多少あっても無症状で経過していくため自覚症状がほとんどありません


ところが、心臓に負担がかさなると徐々に心機能が低下していきます
狭心症といって心筋への血流が不足すると胸の痛みが出てきます


失神発作(突然意識が無くなります)や心不全(むくみや息切れ、易疲労感など)症状が出てからではその後は急激に悪化の一途をたどると言われています
突然死の危険が潜んでいます
スポンサードリンク

そこで今回下町ロケット2ガウディ計画編のような人工弁が必要になるのです
狭窄してしまった患者さんの大動脈弁を切除して「人口弁」に置き換える手術です


杉良太郎さんもこれまで大病がなかったそうですが8月の中旬に和歌山県のロケで仕事をした時に体調不良になり入院した時に心不全と診断が下ったそうです
その時にこの病気が解ったそうです


まさに同じ症状ですね


下町ロケットの出演依頼を受けた時も体調を考えて一度は辞退したそうですが制作陣の熱意に心を動かされてお医者さんと相談して出演を決断したとか


まさに現在進行中の下町ロケット2ガウディ計画編そのものですね
なんとか人工弁が必要な子供達を助けたい一心で悔しい思いをしながらも頭を下げる一村教授(今田耕司)


佃製作所全員の反対に合いながらもリスクを承知で病に苦しむ子供たちを助けようと技術の提供を惜しまない佃航平社長(阿部寛)


断られても、粘り強く佃社長にお願いの電話をした真野賢作(山崎育三郎)


心臓病で亡くなった娘の無念をなんとか病気で苦しむ人を救う事で報われたいと私財を投げ打って人工弁に必要な繊維を開発したサクラダ社長(石倉三郎)


何度断られて嫌がらせを受けてもPMEA審査に挑む面々

毎回涙を流さない日はありません


もしこの手術にサヤマ製作所の人工弁が使われたら・・・どうなるのでしょうか?
あの貴船教授の患者さんのように失敗しそう


一村教授のガウディ人工弁早く臨床化して欲しいですね
いよいよ下町ロケット2ガイウディ計画編最終回杉良太郎さんの熱演さながら佃製作所の佃社長(阿部寛)の熱意や一村教授(今田耕司)の情熱、サクラダ社長の執念、真野さん気持が合わさって成功しますように!
スポンサードリンク
ゲームソフト