ビタミン百華

マイナンバー銀行口座と直結すれば収入も預貯金も丸裸に成ります

今のところ生活に直結する事はなさそうですが

今後利用範囲が拡大する可能性は充分あります
スポンサードリンク

現時点では2018年より預金口座にも任意でマイナンバーが適用されます

相続税や贈与税、確定申告のために税務署へ申告する必要があります


投資信託や株式や国債などの取引口座をもっている場合に金融機関にマイナンバーを申告しなければならないのです


基礎年金番号や預金口座とつながると指摘があります


2020年の東京オリンピックの入場規制に活用つす構想もあるそうです


金融機関の口座をマイナンバーによって把握する事も考えられます


2016年1月のマイナンバー制度スタート時点で必要とされるのは主に投資信託や公共債などの取引顧客となります


分配金や利息の支払い調書を銀行が税務署に提出しないといけないのです


銀行業界では2016年以降の対抗が一段と大変になる見込みです 口座が全て管理されると脱税防止がより強化されるでしょう


例えばですが、贈与税逃れは次のように防ぐ事が出来ます

贈与税は年間に110万円以上の財産にかかるために例えば300万円もらう時に、一括で受け取ると納税の対象になります


そこで100万円ずつを3つの口座で受け取ることで贈与税逃れができてしまう可能性がありました

しかしマイナンバーですべての口座がひとつの番号で管理される事になればそうした脱税もチェックされてしまいます
スポンサードリンク
ゲームソフト