ビタミン百華

マイナンバー受け取りまでの簡単早わかり

通知カードが届いてからを詳しく説明します、難しくないのでしっかり読んで下さい

1.通知カードが届きます
郵便などで「簡易書留」で配達されますので、受け取りにはサインまたは印鑑をしてください


配達した時に居ない場合には不在通知の紙を入れていきます
受け取れずに不在通知の紙があったら書いて有る通りに電話などで連絡をして再度配達をしてもらいましょう
スポンサードリンク

封筒には紙の通知カード、個人番号カード交付申請書、返信用封筒などが入っています
氏名・住所・性別・生年月日に間違いがないかじっくり確認してください


2.個人番号カード申請です 届いた通知カードの一部分には「個人番号カード」の申請用紙になっています


その部分を切り取って必要事項を記載して、顔写真(直近6ヶ月以内に撮影した正面写真、無帽、無背景のもの)を貼って同封されている返信用封筒に入れて郵送するとカード交付の申請ができます


2の1.は郵送で返信する場合
ですがパソコンかスマホがあればWEBからも申請ができます


通知カードについているQRコードをスマートフォンで読み取ってアプリをダウンロードします、顔写真を登録する方法でも申請が出来ます


パソコンの場合は申請用WEBサイトから申請します
顔写真は手持ちのカメラで撮影したものでOKですが、焦点はしっかりと合わせて鮮明にしてください


3.カードの受け取りです
市区町村から交付窓口を知らせるハガキが届いたら「ハガキ」「通知カード」「運転免許証」または住民基本台帳カードなどの身分証の3点セットを持って指定の窓口へ行って受け取りましょう


ここで!個人番号カードはあっても無くても大丈夫です
自宅に届く「通知カード」の一部分は「個人番号カード」の申請用紙になっています


個人番号カードとはICチップがついたプラスチック製のカードです(住民基本台帳カードに似ている)表面には氏名・住所・生年月日・性別・本人の顔写真があります


裏面にはマイナンバーが載っています、これで公的な身分証明書として使う事ができます


顔写真が載っているので、このカード一枚で本人確認ができます  「通知カード」とは別物です
「個人番号カード」は申請しないともらえませんが、必ずしも申請しなければいけない訳ではありません


「個人番号カード」を申請しない場合には通知カードや住民票にかいてある番号とパスポートや運転免許証など写真付きの別の身元確認書類を見せて本人確認をする事になるだけです


「個人番号カード」が無くても少し手間はかかりますが本人確認はできます ここで大切なのは番号です
カード管理に自信が無い人や、失くしてしまう恐れのある子どは申請しなくても問題ありません


大切なのは郵送で送られてきた「通知カード」です
これだけは大切に保管しましょう
スポンサードリンク
ゲームソフト